DevSecOpsとは何?また、ビジネス上の利点は何ですか?

Trung Tran

Trung Tran

DevSecOpsとは何?また、ビジネス上の利点は何ですか?

DevSecOps とは?

DevSecOpsとは、Development, Security, and Operationsの略で、ソフトウェア開発サイクルの各段階で自動的にセキュリティ対策を実施するプロセスを表す言葉です。

DevSecOpsの目的は、開発サイクルの最後に無造作に付け足されることが多かった従来のセキュリティへのアプローチを、開発プロセス全体を通してセキュリティを考慮する、より積極的で統合的なアプローチに置き換えることです。

DevSecOps とはこれらの結果を達成するために必要なことは何ですかセキュリティは、開発チームや運用チームなど、すべての部門が共有する責任とする。これにより、「サイロ化」した考え方を防ぐことができるだけでなく、開発サイクルのあらゆる段階ですべてのチームがセキュリティを考慮できるようになり、潜在的なセキュリティリスクを早期に発見し、適切なタイミングで適切なソリューションを導入することが容易になります。

DevSecOps と DevOps の違い?

DevOps は、開発チームと運用チームのコラボレーションを促進し、ソフトウェアアプリケーションを常に迅速なペースで構想、提供、および保守することを可能にする概念です。

DevSecOpsは、この哲学の自然な進化形であり、ソフトウェアアプリケーションの他のあらゆる設計側面と同様に、セキュリティも同様に重要視しているものです。そうすることで、セキュリティ対策は、単なる後付けではなく、アプリケーションの最終的な設計を補完する形で実装することができるのです。

DevSecOps アプローチの利点

DevSecOps とは何のためにあるのか?開発サイクルにDevSecOpsを取り入れると、多くの利点があります。

生産性や効率性の向上から、より信頼性の高いセキュリティ対策、各部門間の連携強化まで、多岐にわたります。

最も重要なのは、DevSecOpsのアプローチを採用することで、従来のセキュリティ導入対策よりもコストがかからないということです。

より強く、より信頼性の高いセキュリティ

DevSecOpsが導入される前は、セキュリティはしばしばギリギリの検討事項であり、専門のセキュリティチームが個別に対処していました。その結果、サイバーセキュリティのリスクや脆弱性が増加することになります。

DevSecOpsでは、セキュリティは直ちに相応の注意を払う必要があります。これにより、すべての部門がそれぞれの知識と専門性を共有して協力し、アプリケーションのコンテキスト内で機能するカスタムセキュリティソリューションを考案することができます。

さらに、アプリケーションのライフサイクルを通じて頻繁にマイクロアップデートを実施することで、最新の脅威が発生した場合でもソフトウェアを安全に保護することができます。

よりスマートなコラボレーション、よりスムーズなワークフロー

最近、DevSecOps文化を持つ企業では、チームに様々な分野の知識を要求しています。

つまり、開発チームとIT運用チームの両方が、セキュリティの分野で一定レベルの知識を持つことが求められ、その逆もまた然りということです。そうすることで、すべてのチームメンバーが、プロジェクトに対する独自の貢献度に関連するセキュリティを考慮することができるようになります。

その結果、アプリケーションの安全性、セキュリティ、コンプライアンスを維持するための役割を、専任のセキュリティ専門家だけに負わせるのではなく、関係するすべてのチームメンバが容易に果たすことができるようになるのです。

より速く、迅速なソフトウェア提供

ソフトウェアやアプリケーションの開発は、これまでよりもはるかに速いペースで進めることができます。製品のローンチだけでなく、ローンチ後のアップデートのプッシュアウトという点でもそうです。

DevSecOpsの特徴は、これをより速く、より安く、より効率的に行うことができる点です。なぜなら、各ステップにおいて、事実上いつでもコードのレビュー、スキャン、監査、およびセキュリティ目的のテストが可能だからです。

その結果、複雑で時間のかかる作業になる前に、潜在的なエラーに早期に対処することができます。これにより、開発サイクルが劇的に短縮され、お客様はより早く製品を発売することができ、競合他社に対する優位性を獲得することができます。

自動セキュリティテスト

自動化と自動セキュリティテストは、あらゆるセキュリティ・ソリューションの重要な要素です。開発、運用、セキュリティの各チームメンバーが手作業でセキュリティタスクを実行する必要がなくなるため、もちろんすべてではありませんが、コード監査やスキャンなどの比較的単純なタスクが不要になり、チームメンバーが最も得意とする分野でイノベーションを起こすことができるようになります。

その上、自動セキュリティテストツールは、潜在的なセキュリティリスクを早期に発見するのに役立ち、チームメンバーは発売前にそのリスクを解決するために必要な自由な時間と空間を得ることができます。こうして、セキュリティは、急がず、ぎりぎりになって取り組むものではなく、アプリケーションの他のあらゆる側面と同様に重要な要素であると見なされるようになるのです。

DevSecOps ベストプラクティス

先に述べたように、DevSecOpsを設計思想の一部にすることは、単に自動化やクラウドサービスをワークフローに導入するだけではありません。それは、ソフトウェアとアプリケーションの開発に対する新しいアプローチを受け入れることです。

各部門がサイロで別々に作業する代わりに、関連するスキルと知識のプールを組み合わせて調和して作業し、プロジェクトのあらゆる側面に同等の優先順位を与えるのです。

最適なDevSecOpsの実践方法は、組織のニーズと要望、およびエンドユーザーの期待によって異なります。

アプリケーションとユーザーにとって最大のリスクとなるセキュリティリスクは何でしょうか?安全で、リソースの使用量が少なく、ユーザーエクスペリエンスを損なわない方法で、適切なセキュリティ対策を実施するにはどうすればよいでしょうか?

最も重要なことは、拡張性が高く、新しいセキュリティ脅威が発生したときに、緊急で直前のアップデートが可能な方法でセキュリティを実装するにはどうすればよいか?

このような質問に答えることで、DevSecOpsのアプローチで組織に何ができるのか、自動化やクラウドサービスのような有用な手段の可能性を最大限に引き出す方法について、より深く理解することができます。

最後になりますが、DevSecOps文化を成功させるためには、教育が重要です。時間をかけて各部門を集め、DevSecOpsとは何か(そしてそのメリット)を説明し、担当する各プロジェクトに適切なセキュリティ管理を導入するために必要なツール、知識、リソースを提供しましょう。

DevSecOpsで開発サイクルを近代化する

DevSecOpsで開発サイクルを近代化する

セキュリティが最後の手段であると考えられていた時代は、とうに過ぎ去りました。現在では、クライアントや顧客は、アプリケーションのリリース時からライフサイクル全体を通じて、一貫して安全で信頼性が高く、セキュアであることを期待しています。

従来のセキュリティ実装のアプローチでは、セキュリティ対策や機能のマイクロアップデートを頻繁に実施することは事実上不可能です。そのため、セキュリティの専門家だけに負担がかかり、専門家もそのような要求に応えられません。

開発、組織、セキュリティなど、さまざまな部門で作業負荷を均等に分散することで、開発サイクルのあらゆる段階でセキュリティを考慮することが可能になります。その結果、アプリケーションは、最後の最後でセキュリティの「レイヤー」を追加するのではなく、安全でセキュアであるようにゼロから構築されます。

もちろん、これは開発チームとエンドユーザーにもメリットがあります。エンドユーザーは、彼らの期待に応え、それを上回る、より質の高い製品を保証されるのです。

Topics: DevOps
Hidden

お気軽にお問合せください!


連絡