モバイルアプリ開発技術

モバイルアプリ開発技術とは、モバイルデバイス向けのアプリケーションを作成するために使用される様々なツール、フレームワーク、コンポーネント、ライブラリなどの技術のことです。モバイルデバイスの例としては、スマートフォン、ラップトップ、タブレット、スマートウォッチなどがあります。市場で最も支配的なモバイルプラットフォームは、AndroidとiOSの2つです。

Mobile App Development Technologies

モバイル開発技術を選択する際の注意点

What to consider when choosing mobile development technologies

モバイル機器向けのアプリケーションを開発する際には、それぞれの機器の制限を考慮する必要があります。

これらの制限は、ユーザーがデバイスをどのように操作するか、デバイスの計算能力、画面サイズ、特定のデバイスに特有の機能、AndroidやiOSなどのプラットフォーム、そしてアプリケーションが複数のプラットフォームで使用されるかどうかにまで及びます。

最後のポイントは重要で、現在または将来的に、1つのプラットフォームまたは複数のプラットフォーム向けに開発する予定かどうかを確立する必要があります。

各モバイルプラットフォームの特徴を理解する

Understand the unique features of each mobile platform

各プラットフォームには、それぞれ特有の特徴、機能、制限があります。そのため、モバイル開発技術の可能性を最大限に活用しながら、使いやすさ、安全性、拡張性、そしてできるだけ多くの人がアクセスできるようなアプリケーションを設計する必要があります。

そうしないと、ターゲットとなるユーザーが期待するような優れたパフォーマンスや機能を提供できないアプリケーションを作ってしまうリスクがあります。これでは、売り上げが伸びず、ユーザーエクスペリエンスも低下し、独自のビジネス目標や目的を達成できなくなります。

信じられませんか?ユーザーの25%は、アプリを1回使っただけで放棄してしまうことを考えると、第一印象を良くすることの重要性は計り知れません。

あなたに合ったモバイルアプリ開発技術は?

Which mobile app development technology is right for you?

だからこそ、時間をかけてさまざまなモバイル技術に精通することが重要です。そして、プロジェクトの要件に応じて適切な技術を選択してください。

そうすれば、開発サイクルをより効率的に進めることができ、世界に誇れる高品質な製品を提供することができます。

ネイティブ開発とクロスプラットフォーム開発

まず最初に、モバイルアプリケーションを構築する際に、ネイティブかクロスプラットフォームかを決める必要がありますが、それぞれ長所と短所があります。

ネイティブ

ネイティブアプリケーションは、1つのプラットフォーム向けに開発を行う場合に有効です。これは、対象となるプラットフォームの可能性を最大限に活用することができるからです。ネイティブアプリケーションでは、プラットフォーム固有の機能を幅広く利用することができます。

例えば、iOSにはiMessage、AirDrop、App offloadingなどの専用機能があり、Androidにはカスタマイズ可能なホーム画面、拡張可能なストレージ、分割画面対応などの専用機能があります。そのため、特定のプラットフォーム向けにアプリケーションを開発すると、これらの専用機能を利用するために必要な時間とリソースを確保することができます。

Native vs cross platform development - Native

クロスプラットフォーム

一方、クロスプラットフォームのモバイルアプリケーション開発は、単一のコードベースで複数のモバイルプラットフォーム上で動作するアプリケーションを開発するプロセスです。

クロスプラットフォームのモバイルアプリケーション開発技術は多岐にわたっています。このため、開発者は、美しく機能的なアプリケーションを、複数のプラットフォーム上で同時に構想・開発・公開することが容易になります。代表的なクロスプラットフォーム・モバイルテクノロジーには、FlutterReact NativeXamarinなどがあります。

これらのプラットフォームにはそれぞれ独自の特徴や利点がありますが、共通しているのは、開発者が1つのコードベースでクロスプラットフォームのアプリケーションを作成できるということです。

Native vs cross platform development - Cross-platform

クロスプラットフォーム・モバイルアプリケーション・テクノロジーの利点

Advantages of cross-platform mobile application technologies

開発サイクルの短縮

異なるデバイスやプラットフォームに対応するために別々のコードを書く必要がないため、開発サイクルが大幅に短縮され、すべてのプラットフォームやデバイスでより一貫したユーザーエクスペリエンスを提供し、ビジネスは複数のプラットフォームでより多くのユーザーにリーチすることができます。

アップデートやメンテナンスが容易

クロスプラットフォーム・モバイル開発のもう一つの利点は、これらのアプリケーションの維持・更新が比較的早く、簡単で、安価であることです。

なぜでしょう?それは、それぞれのアプリケーションを異なるプラットフォームやデバイス用に手動でアップデートする必要がないからです。その代わり、すべてのバージョンで必要な機能強化を行い、同じアプリケーションのすべてのバージョンを一度に同時にアップデートすることができます。

クロスプラットフォーム・モバイルアプリケーション技術のデメリット

Disadvantages of cross-platform mobile application technologies

独自機能の利用ができない

1つは、適切なSDK(Software Development Kit)を使用して、AndroidやiOSなど、特定のプラットフォームのネイティブAPIにアクセスすることは可能ですが、利用できる機能の数は、ネイティブ開発のアプローチを取った場合と同じではありません。その結果、特定のプラットフォームで利用できる豊富な機能を十分に活用できない可能性があります。

しかし、これらの機能がアプリケーションの成功に不可欠でない場合は、機能が少ないことによるマイナス面よりも、クロス開発サイクルがより速く、より合理的になることによるメリットの方が大きいため、このトレードオフは妥当と言えるでしょう。

パフォーマンス低下の可能性

クロスプラットフォーム・アプリケーションのもう一つの一般的なデメリットは、パフォーマンスの低下の可能性です。

モバイルアプリケーションが特に複雑な場合、特定のプラットフォームのコンピューティングパワーを十分に活用できず、パフォーマンスが低下する可能性があります。しかし、比較的軽量でシンプルなアプリケーションであれば、ネイティブアプリケーションとクロスプラットフォームアプリケーションのパフォーマンスの差はほとんどありません。

モバイルアプリ開発技術の種類

Different types of mobile app development technologies

それでは、モバイル開発技術にはどのようなものがあるのでしょうか。前述したように、代表的なプラットフォームとしては、Flutter、React Native、Xamarinなどが挙げられます。

これらのモバイル開発技術プラットフォームは、使いやすさやアクセスのしやすさ、強固なセキュリティ機能、柔軟性などが人気の理由です。また、様々なサードパーティのライブラリやフレームワークとの互換性があり、コミュニティのサポートも充実しているため、開発者はトラブルシューティングや新しいアイデアの習得が容易で、最も困難な問題でも比較的早く解決することができます。

モバイルテクノロジーの違いによるメリット

それぞれのモバイルテクノロジーの違いを理解していただくために、それぞれのメリットを簡単にご紹介します。

Flutter

Advatages of different mobile technologies - Flutter

  • ホットリロードにより、開発者はリアルタイムで変更を実装・確認できる
  • Flutterが提供するウィジェットやその他の機能により、美しく機能的なUIを簡単に作成できる
  • Flutterのドキュメントは明快でシンプルで理解しやすく、開発者が抱えるほぼすべての問題に対する回答が提供されており、開発サイクルを大幅にスピードアップできる
  • Android Studio(IntelliJ)やVS Codeなどの各種IDEに対応している

React Native

Advatages of different mobile technologies - React Native

  • React Nativeは、JavaScriptをベースにしたフレームワークであるため、AndroidとiOSの両方のプラットフォームに対応しており、コーディングは一度で済みます。
  • AndroidおよびiOS向けの膨大なコンポーネントを備えており、開発者はネイティブなルック&フィールのモバイルアプリケーションを構築できます。
  • React Nativeは、既存のアプリに組み込むことも、ゼロから始めることも、好きなだけ使用することができます。
  • React Nativeアプリはネイティブコードにコンパイルされるため、ネイティブアプリと同様のパフォーマンスと機能をほぼゼロの状態で実現できます。

Xamarin(ザマリン)

Advatages of different mobile technologies - Xamarin

  • Xamarinは、単一の言語であるC#を使用して、AndroidとiOSの両方のプラットフォーム向けのアプリを作成し、開発者はアプリケーションにネイティブなルックアンドフィールを与えることができます。
  • Xamarinは、.NETフレームワークをベースとしており、非同期プログラミング、ラムダ、LINQなどの様々な.NET機能に対応しています。
  • XamarinのAndroid版とiOS版には、ソースコードのコンパイルが組み込まれています(iOS版はARM、Android版はJust-in-Timeコンパイル)。
  • Xamarinは、AppleとAndroidの両方のスマートウォッチ向けアプリケーションの構築をサポートしており、開発者はMacとWindowsの両方のVisual Studioを自由に使用してアプリケーションを構築することができます。
  • Xamarinは、iOSのCocoa TouchやAndroid SDKなどのプラットフォーム固有のSDKとC#構文で連携できる柔軟性を備えている

もちろん、どのモバイルアプリケーション技術を使うにしても、アプリケーションを開発しようとするプラットフォームやデバイスを補完する適切なツールを選択する必要があります。

そうすることで、重要なデザインの選択、アプリケーションのさまざまなアイデアを試すこと、そして正式なローンチをスムーズに行うことができるのです。

モバイルアプリケーション開発時の注意点

Considerations when developing a mobile application

モバイルアプリケーションを開発する際には、多くの重要な設計上の選択が必要となります。開発するプラットフォームの特徴や機能を考慮しなければなりません。また、開発するデバイスのさまざまな技術仕様に対応しなければなりません。

これらの仕様には、異なるスクリーンサイズ、異なるタッチスクリーンジェスチャー、異なるレベルのパフォーマンスパワー、Google PlayとiOS App Storeに適用される異なる要件、AndroidとiOSの過去、現在、そして将来のバージョンに対するサポートの量などが含まれます。

正しい質問をする。ターゲットユーザーを理解する

Ask the right questions and understand your target audience

開発サイクルの中では、次のような重要な質問を自分に投げかける必要があります。

「最新のデバイスをターゲットにして、可能な限り画期的なユーザー体験を提供するのか?それとも、新旧を問わず、より多くのモバイル機器で動作するようにするか?」などです。

このような理由から、早い段階でガイドラインを定めておくと、開発サイクルがより効率的になり、お客様独自の要件を満たす最終製品を得ることができます。

最も重要なことは、ターゲットとなるユーザーがアプリケーションに何を期待しているのか、彼らがどのようなデバイスを使用しているのか、そして彼らがすでに使用している類似アプリケーションの種類を深く理解することです。

モバイルアプリ開発会社に求めるもの

What to look for in a mobile app development company

幸いなことに、評判の良いモバイルアプリ開発会社の助けを借りれば、プロジェクトの方向性を明確にし、成功への正しい道筋を示すことができます。

彼らはまた、あなた独自のモバイルアプリ技術のニーズを定義し、どのオペレーティング・デバイスやシステムをターゲットにするかを決める手助けをし、個々のニーズに合った適切なフレームワークを選択します。そして何よりも重要なのは、彼らが手がけた過去のプロジェクトの事例を紹介してくれることです。そうすることで、あなたのプロジェクトに関連する彼らのスキル、知識、経験のレベルを理解することができます。

このようにして、その会社があなたのビジョンを実現するために必要なものを持っているかどうかを簡単に判断することができ、正しい選択をしたという自信を持つことができます。

モバイル・アプリケーション開発プロジェクトの無料見積もりをご希望の方は、オリエントソフトウェアまでご連絡ください。

Topics: Mobile Technologies
Hidden

あなたのソフトウェア開発を始めましょうか?


連絡