Conexus

eラーニングを革新的でモチベーションの高いものにする。

コネクサス社は、ノルウェーの教育企業で、ノルウェー、ヨーロッパ、アジアなど世界各地で、eラーニングをはじめとする一流の学習ソリューションを提供しています。

Case study - Conexus banner Case study - Conexus challenge - Image 1 Case study - Conexus solution - Image 1 Case study - Conexus impact - Image 1

Case study - Conexus logo

eラーニングを革新的でモチベーションの高いものにする。

コネクサス社は、ノルウェーの教育企業で、ノルウェー、ヨーロッパ、アジアなど世界各地で、eラーニングをはじめとする一流の学習ソリューションを提供しています。

Case study - Conexus challenge - Image 2

チャレンジ

コネクサスのシンガポール支社、コネクサス・シンガポールは、シンガポール教育省(MOE)の協力を得て、OPAL2.0というeラーニングシステムを開発しました。OPAL2.0は、主に個人学習や共同学習のために設計されています。さらに、さまざまな組織レベルでの専門能力開発計画にも利用することができます。

コネクサス・シンガポールが直面する最も困難な問題は、短時間で解決しなければならない膨大な量のタスクと要件です。さらに、同じプロジェクトに取り組むチームが複数存在します。しかし、彼らは世界中に散らばっており、タイムゾーンも異なるため(シンガポール、イギリス、スリランカ…)、ミスコミュニケーションや情報交換の不足が発生しています。

Case study - Conexus solution - Image 2

ソリューション

この要請に応え、オリエントソフトウェアは50名のIT専門家を集め、50名以上の専門家からなるコネクサスチームとともに、OPAL2.0を開発しました。

このソフトウェアは、以下の技術に基づいて開発されています。マイクロサービスアーキテクチャ、Xamarin、Angular、ASP.NETCore、Redis Cache、RabbitMQ、AWS S3。

オリエント・ソフトウェアの専門家は、プロジェクトのサポート、アドバイス、リソース管理も担当します。

品質管理チームは、開発チームと協力して、ソフトウェアにバグがなく、予定通りに発売できることを確認する必要があります。

Case study - Conexus impact - Image 2

影響

短期間のうちに、OrientはConexusの期待に沿うような幅広いモジュールを含む第1フェーズの結果を出すことに成功しました。

また、Conexus社が満足する開発プロセスを確立し、Conexus社の全チームの時間帯の問題を解決することにも成功しました。

OPAL2.0は基本的な機能を備えており、シームレスで自動化された作業プロセスと強力なデータ分析により、専門家育成の効果を高める機械知能を備えたソフトウェアとして完成に向かっています。

Read more about our case studies

あなたのソフトウェア開発を始めましょうか?


連絡