Espos

12年以上にわたり、ノルウェーのNo.1キャッシュレス・ソリューション。

ESPOSは、決済機器と電子決済サービスを提供する会社です。同社は10年以上にわたり、ノルウェーのほとんどのフェスティバルやコンサートでキャッシュレスソリューションを提供しています。キャッシュレスソリューションの需要を見て、ESPOSは他の分野にも進出しています。例えば、安全性と利便性を高めるために、カードが内部決済として使用される食堂などです。

シンガポールとマレーシアでCXSと提携した後、南アジアへの展開の可能性を見いだし、ESPOSの決済デバイスを導入しました。また、ESPOSオフィスでの電子決済も、キャッシュレス・ソリューションのもう一つの進化として考えられています。

Case study - Espos banner Case study - Espos challenge - Image 1 Case study - Espos solution - Image 1 Case study - Espos impact - Image 1

Case study - Espos logo

12年以上にわたり、ノルウェーのNo.1キャッシュレス・ソリューション。

ESPOSは、決済機器と電子決済サービスを提供する会社です。同社は10年以上にわたり、ノルウェーのほとんどのフェスティバルやコンサートでキャッシュレスソリューションを提供しています。キャッシュレスソリューションの需要を見て、ESPOSは他の分野にも進出しています。例えば、安全性と利便性を高めるために、カードが内部決済として使用される食堂などです。

シンガポールとマレーシアでCXSと提携した後、南アジアへの展開の可能性を見いだし、ESPOSの決済デバイスを導入しました。また、ESPOSオフィスでの電子決済も、キャッシュレス・ソリューションのもう一つの進化として考えられています。

Case study - Espos challenge - Image 2

お客様の課題

CXSシンガポールとマレーシアとのコラボレーション、およびESPOSの東南アジア地域への拡大により、ESPOSはキャッシュレスソリューションについてより深く考えるようになりました。

しかし、適切なキャッシュレスソリューションを構築するためには、ノルウェーで非常に高価なプログラマーチームを雇用する必要がありました。

パートナーであるCXSを通じてオリエント・ソフトウェアの評判を聞いたESPOSは、5月に専門家チームを求めて弊社に来社しました。

最大の問題は、ESPOSが何を望んでいるかは理解していたものの、電子決済システムの開発に関する技術的な計画がなかったことです。

オリエントソフトウェアは、課題を明確に理解し、ESPOSチームと協力しながら、十分な知識と経験を持つ専門家チームを結成し、すべての要件を満たす電子決済システムを、適切かつ高度な技術をすべて適用して開発しました。

Case study - Espos solution - Image 2

当社のソリューション

当社の依頼を受け、オリエントソフトウェアは専門チームを集め、2018年5月に以下の技術を使ってエスポス向けオンライン決済システムを開発しました。Net Core、Entity Framework Core、SQL Server Database、Web: Blazor、Razor Pages、Webサービス。Web API、gRPC、Mobile: Flutterです。

プロジェクトの目標は、オンライン決済システムとE-Walletシステムの両方を、ユーザーのニーズに合わせて開発することです。

オンライン決済システム:

  • 学校・大学の自動販売機でのエスポスカードによる決済
  • エスポスカードは、エスポス決済アカウントに簡単に統合することができます。
  • エスポス決済アカウントはVisa、Master Cardでチャージ可能(Netaxept、Vippsに対応)。
Case study - Espos impact - Image 2

成果

東南アジア展開に大きな弾みをつけた。

プロトタイプモデル(MVP)は多くの好評を博し、ESPOSの投資拡大にも貢献しました。

オリエントソフトウェアは、技術面だけでなく、ESPOSの東南アジア進出という地理的な要素も含めて、ESPOSを支援しました。

DiggiPayのプロトタイプモデルに対するフィードバックをもとに、さらなる改良を実施する予定です。

Read more about our case studies

Hidden

お気軽にお問合せください!


連絡