ユニットテスト。その定義、目的、利点の比較

Trung Tran

Trung Tran

機能テスト vs. 単体テスト ユニットテスト。サイドバイサイドの比較

ソフトウェアテストの方法には、一般的に区別しにくく、しばしば互いに混同される多くのペアがあり、それらのうちの1つはユニットテストと機能テストです。これらの2つのソフトウェアテストの種類を区別するために、我々はユニットテストと機能テストの比較に来る前に、それらの定義、目的、また、利点を掘り下げていく必要があります。

定義

まず、それぞれの定義から、それらが基本的にどのように異なるかを示す。

機能テストとは?

ソフトウェアテストプロセスの一種です。機能テストは、ソフトウェア、アプリケーション、あるいは、システムのエンドツーエンドの機能を、あらかじめ決められた機能要件と仕様に照らしてチェックし、期待通りに動作するかどうかを確認します。機能テストには、手動テストと自動テストがあります。機能テストは、ブラックボックステスト技法を含み、ソースコードの検証を目的としません。

機能テストは、統合テスト、システムテスト、回帰テスト、受け入れテスト、コンポーネントテスト、スモークテスト、サニティテスト、APIテスト、UIテスト、ホワイトボックステスト、ブラックボックステスト、アルファテスト、ベータテスト、生産テスト、ユニットテストなどの様々なテストの総称です。これらの各々は、機能をテストするという同じ大きな目標の下で異なる目的を提供しています。これらの機能テストの種類は、以下のように簡単に定義することができます。

  • 統合テスト:異なるソフトウェアモジュールが1つのシステムとして動作するかどうかを確認するテストです。
  • コンポーネントテスト:個々のソフトウエアコンポーネントを個別にテストする方法。
  • システムテスト:システムテストは、システム全体を検証し、指定された要件を満たしていますか、顧客に提供できるかどうかを確認します。
  • リグレッションテスト:コードに変更が加えられても、新たなバグやリグレッションが発生しないことを確認する。
  • アクセプタンステスト:エンドユーザーや顧客がプロジェクトにサインオフする前に行うテストです。
  • サニティテスト:サニティテストは、新しい変更によって既存の機能にバグが発生していないか、システムが安定していますかどうかを確認するために行われます。
  • スモークテスト:スモークテストは、ソフトウェアアプリケーションの重要な機能が正常に動作していますかどうかをチェックします。
  • APIテスト:APIを検証し、機能性、信頼性、パフォーマンス、セキュリティの面で期待に応えていますかどうかをチェックするテストです。
  • UIテスト: UIテストは、ソフトウェアアプリケーションのグラフィカルユーザーインターフェースを検証します。
  • ホワイトボックステスト:ホワイトボックステストは、コードやプログラムの内部構造を調べ、その機能をテストする手法です。
  • ブラックボックステスト:内部構造やコードを知ることなく、ソフトウェアの機能性を評価するテスト手法です。
  • アルファテスト:ベータテスト用にリリースする前に、社内のソフトウェア開発者が開発環境で行うテストです。
  • ベータテスト:ベータテストは、アルファテストの後にエンドユーザーや顧客によって行われ、リリース前に製品に関するフィードバックを得るために行われます。
  • 本番テスト:新しいソフトウェアアプリケーションが本番環境で負荷を処理し、うまく動作するかどうかを確認するために行われます。

ユニットテストとは?

ユニットテストとは、ソフトウェアのテストプロセスの一種で、ソフトウェア、アプリケーション、またはシステムの個々のユニットを分離してテストすることです。単体テストの最終的な目的は、単体が期待通りに動作するかどうかを確認するためにソースコードを検証することであり、単体テストにはホワイトボックステスト技法が用いられることが多い。また、単体テストと結合テストはごっちゃになっていますが、実は特徴的です。単体テストには、手動テストと自動テストがあるが、通常は自動テストです。

目的

機能テストと単体テストは、ソフトウェアやアプリケーションのテストプロセスにおいて重要ですが、その目的には大きな違いがあります。

機能テストの目的

このソフトウェアのテスト方法は、ソフトウェア開発プロセスのすべてのテストレベルにおいて、テスターによって実施され ます。

  • ソフトウェアまたはアプリケーションが、定義された機能要件に適合していますことを検証すること。
  • ソフトウェア、アプリケーション、またはシステムの機能が、ユーザの要求事項を満たしていますかどうかを確認する。
  • すべての機能が期待通りに動作することを検証する。
  • 開発サイクルの早い段階で不具合を検出・解決し、起こりうる不具合を防止して、ソフトウェアの品質を確保する。

ユニットテストの目的

ユニットテストは、ソフトウェア開発者や時には品質保証チームによって開発プロセスで実施されることが多い。通常、開発者はテストケースを書き、それを実行してコードのユニットをチェックし、それらが適切に機能することを確認します。ユニットテストは、統合テストに移行する前の最初のソフトウェアテストのレベルと考えられています。

  • ソフトウェア、アプリケーション、またはシステムのテスト可能な各ユニットを分離して検証すること。
  • ソースコードの正確さを検証する。
  • 開発サイクルの中で、できるだけ早くバグを発見し、修正する。
  • コードの品質を確保する。
  • テストサイクルやデバッグ工程を短縮し、開発・保守コストを削減する。
  • コードの再利用を可能にする。

利点

ユニットテストと機能テストは、どちらも開発ワークフローにおいて重要な役割を担っていますが、その利点も様々です。

機能テストの利点

  • 機能テストでは、ソフトウェア、アプリケーション、またはシステムのパフォーマンスと機能を評価し、リリース前に品質を確保することができます。これにより、最終的な成果物の品質とシステムの使用状況を向上させることができます。
  • 機能テストはユーザーの視点に焦点を当てるので、機能テスト担当者は実際のユーザーのシナリオを最もよく表現するテストシナリオを作成することができます。
  • 機能テストにより、ソフトウェアエンジニアリングチームは、開発者の視点と事前に定義された要件だけでなく、ユーザーの要件と期待にも対応することができます。

ユニットテストの利点

  • ユニットテストは、ソフトウェア開発者がユニットによって提供される機能を学び、理解し、それによってユニットAPIに関する基本的な知識を得ることを可能にします。
  • ユニットテストによって、開発者はコードを改良し、より信頼性の高い、理解しやすいものにすることができます。また、ユニット/モジュールが適切に機能することを保証するのにも役立ちます。
  • ユニットテストは、他の人に頼ることなくプロジェクトの一部を完成させることを容易にします。

機能テストと単体テストの違い

これまで、ユニットテストと機能テストのさまざまな側面を見てきましたが、明らかに、この2つは互換性がありません。しかし、その特徴を強調するために、この詳細な比較の中で、両者を区別する要因を見てみましょう。

  • 目的について、ユニットテストは個々のユニットを分離してチェックすることを目的とし、機能テストはソフトウェア/アプリ/システムの機能を検証し、期待通りに機能するかどうかを確認します。
  • 開発者はユニットテストを書く人であり、テスターは機能テストを実施する人です。
  • ユニットテストにはホワイトボックステストが含まれます。一方、機能テストは、ブラックボックステストが含まれる。
  • ユニットテストは開発開始時に行われることが多い。機能テストは、単体テストとは異なり、機能を構築した後に実施する。
  • ユニットテストは記述も実行も簡単で単純ですため、機能テストよりもコストが低くなります。
  • 機能テストは手動テストと自動テストの両方が可能ですが、ユニットテストは通常自動化されています。

まとめ

要因ユニットテスト機能テスト
目的個々のユニットを個別にテストします。事前に定義された要件通りの機能をテストする。 
テスト範囲コードの行数。満たされた要件の数。 
テスト手法ホワイトボックステスト。ブラックボックステスト。 
目標個々のユニット/モジュール。ソフトウェア/アプリ/システムの機能。
執筆者開発者。QAテスターとテストエンジニア。
複雑さ実施するのがより複雑。シンプルで実施しやすい。 
変更点頻度が高い。あまり変わらない。 
テストケースの数他のテストタイプよりも高い。単体テストや結合テストより低い。
コストとメンテナンス低い高い
いつ使用するか開発初期に実施。機能を構築した後。
プログラミング言語コーディング言語と同じ。異なるプログラミング言語が使用できる。
オートメーション通常、自動化されています。手動テストと自動テストの両方ができる。
対象となる問題コードエラーとエッジケース。機能性とパフォーマンス。
ツールJunit、NUnit、Mockito、TestNGSelenium、UFT、SahiPro 
Hidden

お気軽にお問合せください!


連絡