日常生活におけるロボットの6つの典型的な例

Trung Tran

Trung Tran

日常生活におけるロボットの6つの例

テクノロジーの急速な発展に伴い、ロボットは私たちの日常生活にますます普及しています。それらは工場やその他の産業環境で見られ、人間が行うには危険または困難なタスクを実行します. しかし、ロボットは家庭や病院など、より日常的な環境にも登場し始めています。ロボットの使用の増加については懸念がありますが、ロボットがすべての人に利益をもたらす多くの利点を提供していることは明らかです。このブログ投稿では、日常生活におけるロボットの典型的な例、ロボットの利点、ロボットが人間の生活をどのように変えているかを詳しく見ていきます。

日常生活におけるロボットの一般的な利点

日常生活におけるロボットの典型的な利点を次に示します。

安全性

ロボットは、原子力発電所の内部や深海などの危険な環境でタスクを実行できます。また、飛行機を飛ばしたり、車を運転したりするなど、私たちと一緒に働くことで、人間を危険な状況から守ることもできます。

時間節約

多くの反復的で骨の折れる作業はロボットによって実行できます。つまり、それらを行う必要はありません。これにより、生産性が向上し、より重要な活動に時間を割くことができます。

アクセシビリティ

ロボットは、他の方法ではできないことへのアクセスを人々に提供します。たとえば、ロボットは重い物を運んだり、歩行の補助が必要な人のために車椅子が行うように、ある場所から別の場所への移動を支援したりできます。

監視

ロボットにカメラを装備することで、人間が近づかなかったり、危険すぎる場所を見たりすることができます。これには、危険な状況に突入し、専門家が処理方法を決定する前に情報を収集する爆弾処理ロボットが含まれます。

孤独を和らげる

人工知能(AI) ロボットのコンパニオンは、人々が一人でいるとき、社会的相互作用を提供し、孤独を感じている人が落ち込む可能性を低くすることができます。人と一緒にタスクを実行するロボットであろうと、単に交際を提供するロボットであろうと、ロボットの「友達」は、あらゆる年齢の人々の生活をより充実させることができます。

生産性

ロボットは、人間がやりたくない危険な仕事を引き受けることで、人間の労力を減らし、職場内の生産性を高めます。これは、掃除機をかけるなどの平凡な作業から、工場のような環境でコンポーネントを組み立てるなどのより複雑な作業まで可能です。

操作性の向上

ロボットは、コンピューター ネットワークや配電網などのシステムの運用を改善することもできます。人が介在しなくても問題を修復できるため、問題を修正する必要がある場合の生産性が向上し、応答時間が短縮されます。

ヒューマンエラーの減少

ロボットは職場内でより高い精度を確保できるため、人的ミスの可能性が減少します。ロボットが人間と一緒に作業する場合、人間が命を危険にさらすことなく重要なタスクを実行することで、ミスを減らすことができます。

日常生活におけるロボットの典型的な例

以下に、日常生活におけるロボットの例をいくつか示します。

協働ロボット(コボット)

ほとんどのロボットは自律的に動作するように設計されていますが、多くの企業が共同開発を始めましたロボット。協働ロボットは人間のオペレーターが制御できるため、人間が存在する工場やその他の職場で安全に使用できます。コボットは人間と協力してタスクを実行するため、ロボット スタッフ増強とも呼ばれます。これにより、自律型ロボットと一緒に作業することなく、より複雑なタスクを実行できます。

協働ロボットは、通常、産業環境、工場、倉庫、または家庭で使用されます。ただし、ショッピングセンターや空港など、他の職場でも見つけることができます。協働ロボットは、職場での事故を減らしながら生産性を向上させる可能性を秘めています。多くの専門家は、協働ロボットが今後数年間のビジネスの成功にとって重要になると考えています。

協働ロボットの一例は、Baxter ロボットです。作業場内を簡単に移動できる小型・軽量のロボットです。2 本のアームがあり、人間のオペレーターが制御できます。バクスターは人間と協力してタスクを遂行するように設計されており、工場やその他の職場での使用をより安全にします。コラボレーション機能に加えて、Baxter は非常に使いやすいです。特別なトレーニングを必要とせずに、さまざまなタスクを実行するようにプログラムできます。これは、ロボットを職場に迅速に導入する必要がある企業にとって理想的です。コボットのその他の典型的な例としては、自動運転車、軍用ドローン、自動掃除機、iPhone の Siri や Windows Phone の Cortana などの機械学習パーソナル アシスタントがあります。

家庭用ロボット

パーソナル サービス ロボットまたはコンパニオン ロボットとも呼ばれる家庭用ロボットは、家事を支援するように設計されています。家庭用ロボットは、人々の家や職場で見つけることができます。彼らは、掃除、洗濯、高齢者や障害者の世話など、さまざまなタスクを実行します。家庭用ロボットの一例はルンバ掃除機ロボットです。床、カーペット、敷物を掃除するようにプログラムできる小型の自律型掃除ロボットです。ルンバは 2002 年以来、世界中の家庭で使用されています。現在、iRobot や他の企業からいくつかの異なるモデルが販売されています。

家庭用ロボットのもう 1 つの例は、三菱が開発した Wakamaru ロボットです。わかまるは、一人暮らしや移動が困難な高齢者の寄り添いを目的に設計されています。小さくて人懐っこい顔立ちから「超小型ヘルパーロボット」と評される若丸。センサーと AI を使用して、ユーザーの健康、行動、および位置を監視します。問題が検出された場合、若丸は介護者や家族に連絡して助けを求めることができます。

家庭用ロボットは、世界中の家庭でますます人気が高まっています。それは主に、より長く自立した生活を望む高齢者からの高い需要によるものです. 多くの企業が、掃除や仲間の提供など、さまざまなタスクに使用できる家庭用ロボットの開発を開始しています。現在のモデルのほとんどは家庭用に設計されていますが、空港、ショッピング モール、ホテルなどの商業施設での使用にも関心があります。

医療用ロボット

医療用ロボットは、医療現場でさまざまなタスクを実行するために開発されています。それらは、病院、医師の手術、救急車で見つけることができます。それらは、手術中に外科医を支援する不可欠なロボットツールから、すべての手順を自分で実行する自律手術システムにまで及びます。2007 年には、世界中で多数のロボット支援低侵襲手術が行われました。

医療用ロボットは、医療処置をより簡単に、より速く、より正確にするように設計されています。これらは、腫瘍の除去、針生検、内視鏡手術など、さまざまな外科的作業に使用できます。医療用ロボットは、人間の医師が繰り返す、または完了するのが難しいと感じる日常的な検査も実行できます。例としては、血球分析、眼科検査、マンモグラムなどがあります。

最も広く使用されている医療用ロボットの 1 つは、da Vinci Surgical System です。Intuitive Surgical によって開発されたこのロボット システムは、外科医が患者の体の小さな切開部から低侵襲手術を行うことを可能にします。外科医は、ロボットの 2 本のアームに組み込まれた特別な器具と制御装置を使用して装置を操作します。最初のアームは特別な手術器具を保持して操作するために使用され、2 番目のアームはカメラ、ライト、および外科医が患者の体をはっきりと見ることができるその他のデバイスの動きを制御します。

このような医療用ロボットを使用すると、手術の侵襲性が低下し、失血が制限されるため、手術の費用が安くなり、患者が手術を受けても無傷で生き残る可能性が高くなります。医療用ロボットはまた、外科医が手術をより迅速に完了するのに役立ちます。つまり、患者は手術からより早く回復し、仕事や家庭生活に戻ることができます。

産業用ロボット

産業用ロボットは製造業で使用されており、特に速度、精度、持久力が求められる作業に使用されています。それらは、あらゆる種類の産業の組立ラインで見られ、材料の積み込みから溶接部品までの範囲の仕事を処理しています。人間に対する彼らの主な利点は、その精度です。反復作業を行っても、疲れたり、間違いを犯したりしません。

このようなロボットはコンピューターによって制御されます。つまり、ロボットの動作は事前にプログラムできます。彼らは一連のセンサーを使用して、タスクを完了し、自動的に作業を停止したことを「確認」します。このようにして、たとえプログラミングが少し間違っていても、ロボットの動きが常に正確であることを保証することができます。また、人が近づきすぎるとセンサーが感知して機械を停止させるなど、産業用ロボットにはさまざまな安全対策が組み込まれています。

産業用ロボットの速度と精度は、反復作業と高度な制御を必要とするタスクに特に役立ちます。ロボットアームは信じられないほどの精度で同じ動きを何度も繰り返すことができますが、人間の腕にはできません。このため、産業用ロボットを使用して、人間が再現できない速度で部品を洗浄したり、部品を溶接したりできます。また、人間よりも迅速に作業を完了でき、エラーの可能性が少ないため、組み立てラインでも人気があります。これは、製品がより迅速に製造されることを意味し、コストが削減されるため、企業に利益をもたらします。

しかし、このような効率性には欠点もあります。多くの人は、世界が急速に産業用ロボットに過度に依存するようになり、生産ラインで働く必要がなくなると雇用が失われると考えています。今日、何百万もの産業用ロボットが世界中の工場で稼働しており、この数は毎年急速に増加しています。多くの人は、近いうちに世界の工場のすべてではないにしても、ほとんどの工場でロボットが稼働するようになると考えており、これは広範な失業と経済の衰退につながる可能性があります。

エンターテイメントロボット

これらのロボットは、観客を楽しませるように設計されています。アニマトロニクスのおもちゃ、ピエロ、SF 映画や乗り物に登場する自動化された生き物など、さまざまな形をとることができます。人々はさまざまな理由でそのようなロボットを使用します。彼らは子供たちを楽しませ続けることができ、ヒューマノイドロボットは人々が彼らを信頼する可能性を高めると信じている人もいます.

そのため、エンターテインメント ロボット、特にロボット玩具は世界中でますます人気が高まっています。このようなロボットにより、あらゆる年齢の人々が楽しく直感的な方法でロボット工学を試すことができます。手頃な価格でもあります。つまり、すべての家庭で、子供が遊ぶロボットを少なくとも 1 台買う余裕があります。これらのおもちゃには機械学習が組み込まれており、自分でタスクを実行したり、質問に答えたりすることができます。また、モバイルデバイスやその他の電子機器を介してリモートで制御できるため、生きているような印象を与えることができます。

教育用ロボット

教育用ロボットは、学校やその他の教育機関で使用するように設計されています。彼らは、教師がレッスンを提供したり、生徒が怪我のリスクなしに興味のあるトピックを調査したりできるようにするのに役立ちます。これらのロボットは、産業用モデルよりもはるかに小さく、多数の安全機能が組み込まれており、誤動作した場合に損傷を引き起こす可能性が低く、一般的に大型のロボットよりも安価であるため、特に子供向けに作られています.

教育用ロボットは、人々が機械の仕組みを学び、安全で管理された環境でロボット工学の世界を探索するのに役立ちます。また、他の教育方法と併用することもできます。たとえば、学生が簡単なスイッチやモーターの仕組みをすでに理解している場合は、アニマトロニクス フィギュアを使って知識を実践的に活用することを楽しむことができます。

多くの教育用ロボットは明るい色のプラスチックでできており、特に子供たちにとって魅力的です。さらに、多くの場合、若い視聴者の興味を引く点滅ライトと効果音を備えています。最も安価なロボットの中には、教室などの環境で自由に動き回ることができる車輪や軌道が付いているものもあります。これにより、教師は各レッスンの後に片付けをすることなく、さまざまな方法でロボットを使用できます。教育用ロボットは、すでに世界中の学校で広く使用されています。

結論

日常生活におけるロボットの典型的な例

ロボティクスは、工場のフロアから食料品店のチェックアウト ラインまで、いたるところで目にするようになり、私たちの日常生活でますます普及しています。この記事では、日常生活におけるロボットの典型的な例をいくつか紹介し、企業がさまざまな業界でロボット スタッフ増強システムをどのように実装しているかを説明しました。これにより、人間は生産性と安全基準を向上させながら、より重要なタスクに集中することができます。テクノロジーが進歩し、より高度になるにつれて、ロボットの役割は拡大する一方であり、未来がロボットによって形作られる可能性が高くなることは明らかです.

Hidden

お気軽にお問合せください!


連絡