ローコードとノーコードのフレームワーク。どちらを選ぶべきか?

Trung Tran

Trung Tran

ローコードプラットフォームとノーコード・プラットフォームの比較

ローコードフレームワークとノーコードフレームワークという言葉を、ソフトウェア開発プラットフォームを表す言葉として聞いたことがあるかもしれません。どちらもソフトウェア開発業界では人気が高まっています。しかし、これらは一体何なのでしょうか?ローコード・フレームワークとノーコード・フレームワークの主な違いは何でしょうか?また、どのような場合にどちらか一方を使うべきなのでしょうか?これらの疑問をめぐる議論は、しばらく前から行われており、すぐには衰えないでしょう。 この記事では、この2つのプラットフォームの違い、共通点、そしてそれぞれがどのようなプロジェクトに最適なのかを詳しくご紹介します。

ローコードとノーコード:類似点

Low-code vs. No-code: The Similarities

ローコードフレームワークとノーコードフレームワークは、異なる種類のソフトウェア開発プラットフォームですが、いくつかの共通点もあります。多くの人は、ローコードとノーコードのフレームワークがどれほど似ているかを知りません。それは、どちらもドラッグ&ドロップ式のユーザーインターフェースを採用しており、開発者でなくてもプログラミングのスキルを必要とせずにアプリケーションを簡単に作ることができるからです。また、これらのフレームワークでは、ユーザーがプロジェクト間で再利用できるカスタムオブジェクトを作成することができ、同じものを繰り返し作る時間を節約することができます。

両者の唯一の違いは、ローコード・プラットフォームがコーディングの知識を必要とするのに対し、ノーコード・プラットフォームはそうではないことです。ただし、ローコードツールの中には、ドラッグ&ドロップ方式で設計されているものもありますので、それらもノーコードとして機能します。ローコードフレームワークとノーコードフレームワークの違いを理解するために、それぞれの定義を見ていきましょう。

ローコード・プラットフォームとは?

ローコード・プラットフォームとは、IT組織が従来のプログラミングを行わずに、アプリケーションを迅速に設計、展開、管理することを可能にするソフトウェアの一種です。この革新的な技術は、技術者ではないエンドユーザーを念頭に置いて、ゼロから設計されています。ローコード・プラットフォームは、従来、アプリケーションの構築に必要とされていた多くの手動プロセスを自動化することで、企業がより良いデジタル体験をこれまで以上に迅速に提供できるようにします。

ローコード・プラットフォームは、アプリを迅速に開発するためのエコシステムを提供します。このエコシステムには、あらかじめ構築されたモジュール、データ接続ツール、統合機能など、必要なものがすべて含まれているため、チームはコーディングやデータベースの設定などのルーチンワークに時間を費やすことなく、優れた顧客体験の提供に集中することができます。

ローコードプラットフォームでは、既存のビジネスプロセスやデータを統合し、企業全体の業務を効率化し、より良い顧客体験を提供するアプリケーションを迅速に構築することができます。また、あらゆるデバイスや画面サイズに対応したレスポンシブ・モバイル・アプリケーションや、クラウド対応のデスクトップ・アプリケーションを素早く作成することができます。さらに、ローコード・プラットフォームはHTML5で構築されているため、オフィスとウェブの両方で同じように動作するアプリケーションを設計することができ、ビジネスを1つのまとまったユーザーエクスペリエンスにまとめることができます。

ノーコードプラットフォームとは何ですか?

ノーコード・プラットフォームとは、コーディングなしでアプリケーションを構築できるソフトウェア開発ツールです。この技術は、開発者だけでなく、時間や技術的な知識を必要とせずにアプリケーションを作成したいと考えている非開発者にとっても有益です。コードレスプラットフォームでは、さまざまなツールやサービスを利用して、ドラッグ&ドロップのインターフェース、携帯電話のカメラでのアップロード、あらかじめ用意されたテンプレート、PhotoshopやSketchからのデザインの読み込みなどを利用して、カスタマイズされたモバイルアプリケーションを作成することができます。

この技術を使ったアプリケーション開発のプロセスは、プログラミングの経験が少ない人でも、簡単で使いやすいものとなっています。まず、「ビジネス」「チャットボット」「ゲーム」の3つのテンプレートから1つを選びます。これらのテンプレートでは、構築プロセスにおいて開発チームにどのタイプのアプリを担当させるかを選択することができます。あとは、オプションを選んでカスタマイズするだけです。アプリの見た目や機能は、ドラッグ&ドロップですべてカスタマイズできるので、自分で自由にコントロールできます。ノーコード・プラットフォームの中には、ユーザーがサードパーティのアプリをリンクして、その機能をアプリ内で利用できるものもあります。また、既存のカスタムコードアプリとの統合を提供するノーコード・プラットフォームもあります。

つまり、専門のIT部門を持たない企業や、アプリケーションを一から開発する技術的な専門知識を持たない企業にとって、ノーコード・プラットフォームは魅力的です。

ローコードフレームワークとノーコードフレームワーク。どちらを選ぶべきか?

すでに述べたように、ローコードとノーコードのプラットフォームについての議論は、まだ結論が出ていません。どちらが優れているかを判断するには、ビジネスニーズ、構築しようとしているアプリケーションの種類、プロジェクト完了までのスケジュールなど、多くの要因に左右されます。そのため、選択する前にまず自分の要件を理解することが大切です。次に、ローコード・プラットフォームとノーコード・プラットフォームの違いについて詳しく見てみましょう。両者は混乱していますが、それでも区別できます。

この2つの主な違いは、ノーコード・プラットフォームでは、ローコード開発のようにカスタマイズできない定義済みのオプションを使用することです。 ローコードは、ドラッグ&ドロップ機能を備えたフルスタックの開発環境で、コーディングの知識がなくてもソフトウェアを作ることができます。一方、ノーコードとは、アプリに何をさせたいかをタップして入力するインターフェースのことで、エンタープライズレベルのプロジェクトに適している一方で、モバイルアプリやWebサイトの作成など、よりシンプルな作業に適しているため、この2つは使用目的が異なります。

ローコード・プラットフォームは、昔ながらのソフトウェア開発の手法です。このタイプの開発では、ニーズに合わせて完全にカスタマイズされたシステムを作成することができ、ビジネスモデルに完全に適合します。一方、ノーコード・プラットフォームは、企業がウェブサイトを開発する際に、あらかじめ用意されたコンポーネントのブロックをページにドラッグ&ドロップするだけの簡単な方法を提供する、新しいアプローチです。

結論

Low-code vs. No-code - Conclusion

最終的には、自社のソフトウェアをどのように構築するかを決める際に、どちらの道を選ぶかにかかっています。ローコードフレームワークとノーコードフレームワークを簡単に比較してみましょう。

  • ノーコード・フレームワークは、小規模な企業にとって、高価な外部企業を雇ったり、コードを一から学ぶのに膨大な時間を費やしたりすることなく、ウェブサイトを構築する機会を提供します。
  • 一方、ローコードは、企業のビジネスモデルにぴったり合ったソフトウェアを作ることができる、より柔軟な選択肢です。

あなたの会社は、ビジネスモデルをしっかりと見極め、どちらのオプションがより適しているかを判断しなければなりません。ですから、ローコードとノーコードのプラットフォームの長所と短所をすべて考慮して、最適なものを選ぶことができれば、それがベストでしょう。

Hidden

お気軽にお問合せください!


連絡