2022年にはどのようなDevOpsのトレンドが見られるのでしょうか?

2022年のDevOpsトレンド

ソフトウェア開発の世界では、DevOpsの動きが継続的に拡大しており、2022年以降には巨大化することが予想されています。 大手ソフトウェア企業や大企業は、DevOpsを採用しています。しかし、DevOpsとは何か、誰がそれを使うべきかについては、さまざまな意見があります。開発者だけがDevOpsを行うべきだと言う人もいれば、裏で物事がスムーズに進んでいることを確認するために運用スタッフが引き継ぐべきだと考える人もいるかもしれません。

簡単に言えば、DevOpsはすでにアジャイルでスケーラブルであることが証明されており、テクノロジー企業の限界を押し広げ続けているのである。そこで疑問が残ります。今後、どのようなDevOpsのトレンドが出てくるのでしょうか?この記事ではそれに答えようとしています。 ここでは、2022年のDevOpsトレンドについての予測をご紹介します。

マインドセットとしてのDevOps

DevOpsは、テクノロジーというよりもマインドセットです。設計から製造までのソフトウェア開発ライフサイクル全体を包含しています。DevOpsでは、解決策を見つけ、それを迅速に実行することに重点を置き、通常、運用チームと開発チームの両方が参加します。このアプローチは、市場や顧客の要求の変化に迅速に対応し、技術の進歩に迅速に適応するのに役立つことが証明されています。つまり、DevOpsとは、すべての関係者の間で頻繁に行われるコミュニケーションとコラボレーションを重視し、優れたソフトウェアを迅速に顧客に提供することです。そして、CEOであっても、2022年のDevOpsのコンセプトを見落としてはならない。

上昇を続けるDevOpsの採用

DevOpsはITの世界で話題になっていますが、その注目度は高まる一方です。それでも、日々多くの新しいテクノロジーが市場に投入されているため、DevOpsの将来は不透明です。しかし、一つだけ確かなことは、DevOpsは今後数年間、特に2022年には、あらゆる業界の企業内で変化をもたらす重要なドライバーであり続けるということです。

IDCによる調査では、DevOps市場は2022年までに80億ドルに達すると予測されています。DevOpsは、特にアジリティに関して、組織の運営方法に影響を与えるでしょう。組織にこれまで以上のアジリティとスピードを提供することで、組織のビジネスのやり方を変えてきました。DevOpsが台頭してきた背景には、パブリッククラウドソリューションを採用する組織が増えてきたこともあります。その結果、IT業界などでDevOpsの導入が進むことで、2022年には多くのDevOpsトレンドが到来すると考えられます。

サービスとしてのDevOps(DaaS)

2022年のトレンドの1つとして、DevOps as a Serviceが予想されています。これは、自動化されたスケーラブルで信頼性の高いDevOpsプラットフォームを顧客に提供し、ソフトウェア開発ライフサイクルを容易に管理するという概念です。DaaSでは、コラボレーション、開発、運用をクラウドに移し、Google Docs、Skype for Business、Dropbox、Trelloなどの技術やツールを活用してプロセスを自動化することができます。

DaaSでは、インターネットが利用できる場所であれば、開発者と運用担当者が仮想的に共同作業を行うことができます。2022年にはDevOps as a Serviceが普及する可能性があるため、企業はDevOpsのニーズを第三者に委託することで、作業量やコストを削減し、生産性を向上させることができるようになります。DevOps as a Serviceは、ソフトウェア開発企業に様々なメリットをもたらすことが約束されており、今後、DaaSプロバイダーが増えていくでしょう。

マイクロサービスアーキテクチャ

米国の大手ハイテク企業200社を対象とした調査によると、84%の企業がビジネス革新のためにマイクロサービスを採用していた。マイクロサービス・アーキテクチャとは、分散型アプリケーションを開発する際のアーキテクチャ手法を指す。軽量なアプリケーション開発モデルとして、このアーキテクチャは、大規模なアプリケーションを、独立してパッケージ化してデプロイできる小さなモジュールに分解します。マイクロサービス・アーキテクチャには多くの利点があります。

スケーラビリティ

マイクロサービスアーキテクチャでは、アプリケーション全体を一度にスケーリングするのではなく、サービスレジストリを使用してサービスを独立してデプロイし、スケーリングすることができるため、わずかなオーバーヘッドで済みます。これは、限られた予算で運営されている企業にとって重要なことです。

レジリエンス

モノリシックなサービスを失うと、アプリケーション全体がダウンしてしまい、大きな損失を被ることになります。しかし、複数のマイクロサービスを導入し、そのうちの1つが失われても、残りのサービスには影響がなく、プラットフォームは継続して稼働します。

アジリティ

チームがマイクロサービスを持っていると、他のチームがスプリントを終えるのを待つことなく、チームが独立して作業を行い、より早く結果を出すことができます。各スプリントの終わりには、すべてのサービスが自動テストによって統合され、継続的インテグレーション・パイプラインによってデプロイされます。

上記のようなメリットがあるため、マイクロサービス・アーキテクチャは2022年のDevOpsのトレンドの1つになると予測されています。そして今後、マイクロサービスを採用するハイテク企業はますます増えていくでしょう。

人工知能(AI)の台頭

手動テストは、やがてAIによる自動化に徐々に取って代わられ、2022年のトレンドの1つになる可能性があります。人工知能(AI)が進歩し続けると、DevOpsにおけるその能力も向上します。AIは、ソフトウェア開発における様々なモデルのテストやメンテナンスにおいて重要な役割を果たすでしょう。AIベースのシステムが高度に成長することで、人間が時間をかけられない作業を完了させることができるようになります。

今後、DevOpsエンジニアは、新機能の構築やバグ修正などのプロセスをより簡単かつ効率的にするために、AIによる自動化ツールに期待することができます。近いうちに、AIをツールセットに導入してプロセスを自動化し、人的資源やエラーを削減する企業やチームが増えてくるでしょう。 サーバーレスコンピューティングとサーバーレスデータセンター。

データセンターは、DevOpsの時代になって劇的な変化を遂げています。DevOpsの動きは、従来のデータセンターモデルを、DevチームとOpsチームのより緊密なコラボレーションを可能にする一方で、より多くのコントロールをDevの手に委ねるものに変えつつあります。DevOpsの手法を採用することで、サーバーレス・データセンターという新しいタイプのデータセンターが誕生しました。このデータセンターの特徴は、セルフサービス型プロビジョニング、コードとしてのインフラ、開発/テスト/試作の並列性、そして自動化されたワークフローです。

DevOpsは、サーバーレスコンピューティングを可能にする触媒です。サーバーレス・コンピューティングとサーバーレス・データセンターは、2022年の有望なトレンドです。サーバーレスコンピューティングでは、容量不足を心配することなく、これまで以上に高速かつ効率的にアプリケーションを展開することができます。 さらに、サーバーレスデータセンターは、ITコストを最大70%削減することができ、ユーザーは全体的にコストを削減することができます。

結論

DevOps Trends In 2022 - Conclusion

DevOpsの未来は明るいと言えます。 今回の記事では、2022年のDevOpsのトレンドについての予測をまとめました。確かに、今後は他のトレンドがITの世界を席巻することが予想されます。また、DevOpsスキル、より多くのDevOpsプロセスを自動化するためのDevOpsツール、そしてDevOpsの人材獲得&定着の課題に対する需要が増加すると考えられます。DevOps、クラウド技術、アジャイル手法に長けた新世代が登場する中、DevOpsは今後数十年にわたってビジネス開発の最前線にあり続けるでしょう。私たちの予測の中で、あなたはどのDevOps戦略を適用しましたか?それらはあなたのビジネスを良い方向に変えましたか?

あなたのソフトウェア開発を始めましょうか?


連絡