販売されるスマートフォンの71%がAI処理機能を搭載 2021年末までの予測

AI(人工知能)処理機能はさまざまなところに搭載されていますが、意外とスマートフォン自体がAIを処理する場面は限られています。

AI mobile

AI(人工知能)処理機能はさまざまなところに搭載されていますが、意外とスマートフォン自体がAIを処理する場面は限られています。しかしながら、2021年末までに販売されるスマートフォンの71%にAI処理機能が搭載されるという予測が出てきました。より多くのスマートフォンでAI処理が可能となれば、より多くの機能やアプリでスマートフォン自体のAI処理機能が使われるようになるかもしれません。

エッジAIの普及率が高まるスマートフォン

エッジAIの普及率が高まるスマートフォン

AI処理のやり方には一般に、サーバー側で行うやり方と、端末(末端)側で行うやり方があります。サーバー側で行う方法は、サーバーの処理性能が高ければより高度な処理が可能ですが、通信が失われた場合のリスクや、通信にかかる遅延が問題となります。

これに対して、端末側で行う方法は「エッジAI」とも呼ばれ、通信状態にかかわらず低遅延での処理を行うことが可能です。

調査会社のStrategy Analyticsは、AI処理機能を搭載したスマートフォンが2021年末までに全販売台数の71%を占めると予測しています。エッジAI処理が可能なスマートフォンが当たり前の世の中はもう目の前にあるようです。

より多くの機能やアプリでAIが使われるようになる?

より多くの機能やアプリでAIが使われるようになる?

今のところ、スマートフォンはそれほど幅広くエッジAIを利用していません。カメラ機能や音声認識ではエッジAIを使っているものの、世の中一般のアプリでは広く使われておらず、AIを使っていたとしてもサーバー側で処理しているものが大多数です。

しかしながら、世の中の71%ものスマートフォンにエッジAIが搭載されるようになれば、その状況は変わるかもしれません。アプリ開発者側はエッジAIがスマートフォンにあることを前提に開発することができ、今までになかったようなアプリが登場することもあり得るでしょう。

スマートフォンへのエッジAIの普及率には今後も注目が必要ではないでしょうか。

Source: Equal Ocean

あなたのソフトウェア開発を始めましょうか?


連絡